エンジニアじゃなくても使えるライフハック仕事術

ITエンジニアライフハック仕事術

誰でも使える仕事術

誰でも使える仕事術

社会人に必要なライフハックとして、時間管理と体調管理の問題は常に付きまといます。自分のスキルを磨くために無駄を全て削ぎ落として、時間を有効利用したいと思うのは当然でしょう。そのためのポイントは2つあります。ひとつは通勤時間の有効利用なのですが、何を今更と思うかも知れません。しかしこの僅かな時間ですが、切り取り角度を少し変えることで、習慣を定着させ、効果的なスキルアップが図ることができるのです。毎日の繰り返しの中で障害があれば、あらかじめ取り除くためにやっておくべき準備もあります。もうひとつは、スケジュールを立てるときに便利な、タスクリストの作り方です。マストなリストの中に「何もしない」必要かもしれないタスクを加えておくことで、自分の使える時間の中に効果的に仕事を割り振れるようにするコツが掴めるのです。

通勤時間を利用しライフハック!

新しいことを習慣付けるコツは、既にルーチンになっている習慣を毎日決まって流れてくるベルトコンベアに置き換えて考えることで、掴みやすくなります。ビジネスマンの生活の中で、誰もが通過するベルトコンベアにあたるものが「通勤時間」です。通勤時間というベルトコンベアに新しい習慣を載せ、同時に行うようにしてみようという訳です。この通勤時間というベルトコンベアには制限があります。その制限とは、「時間制限」と「1日の回数制限」と「行動の制限」です。毎日ほぼ一定の時間がかかり、往復で1日2回、かつ、通勤電車やバス、車の中でできる行動はごく限られます。その条件にのせる習慣として最適な習慣が「勉強」です。 通勤時間を利用しライフハック!の詳細を見る

人と接するときに緊張してしまう人へ

人と話すときに緊張してしまう「あがり症」は、人間関係構築をする上でもぜひ克服したい悩みのひとつです。一旦ひどく緊張してしまうと、自分でそこから抜け出すのはとても難しいです。緊張しているな、と感じたときや、緊張しそうだなと思うシーンで活用したい、緊張をほぐすライフハックを紹介します。あがり症を克服するには、いくつかのポイントがあります。重要なのは「リラックスしよう」と思わないことです。リラックスしようと思えば思うほど、緊張が増してしまうという悪循環に陥ってしまいます。緊張したときは、頭で考えるのではなく、体の緊張をほぐすことで脳をリラックスさせましょう。 人と接するときに緊張してしまう人への詳細を見る

”何もしない”という仕事を作る

1日にたくさんの仕事をこなさなくてはいけない場合、タスクリストを作ってそのタスクを順番に消化していくと見落としが少なくなります。タスク管理は多くのビジネスマンが実行している仕事の基本とも言えるでしょう。一般的なタスク管理から一歩進めるライフハックとして、そのリストに「何もしない」という項目を加えるという方法があります。一見無駄に思えるかもしれませんが、この「何もしない」タスクを設定することによって、仕事がはかどります。マストなタスクに追われているときに「何もしない」休憩時間を意識的に作っておくことで、効率がぐんと上がります。 ”何もしない”という仕事を作るの詳細を見る

ライフハック特集一覧

求人サイトでライフハック!

フリーエンジニアにとって、案件を探すこと自体が一苦労です。案件探しを飛躍的に楽にするライフハックとしておすすめのエージェントを紹介します。その手軽さからクラウドソーシングを利用しているフリーエンジニアも少なくありませんが、その報酬額の低さと手数料の高さから効率としてはあまり良くありません。一方、ここで紹介するエージェントでは長期的かつ高単価な案件の豊富さが特徴。手数料もかかることなく利用出来るので自然と報酬額が上昇します。また契約終了時には次の案件見付ける為の支援サポートも受ける事が出来るので、安定して仕事が出来て報酬が上がるのは勿論、安心感も得る事が出来ると言えるでしょう。

ライフハックとチームハックの差

しばしば「自分のアイディアが一番だ」と思い込んでしまう事がありますが、多くの場合はそれよりも良いアイディアがあります。その事に気付けるか否かが良い結果を残せるか否かに関わっています。コラボレーションなどでは相手も自分もその点を意識して気付けるかがキモになります。また、ライフハックとチームハックではベクトルが逆ですが、メリットを多く共有する事は両者にとって欠かせません。また上司が相手の場合でも心の動きを察知し行動を起こす事によって間接的にハック出来ます。まとめてしまうと「相手の話をよく聞き親切にする」という事になりますがこれこそライフハックが進化した常識と呼ばれる所以です。

タスク前のタスク

一旦取り掛かってしまえばすぐに済むような仕事でも、その時の気分や環境、または仕事そのものに問題を感じてなかなか着手出来ずに脱線してしまう、といった経験は誰でも一度はあるかと思います。これは本来の仕事と脱線行為に心理的に大きなギャップが作用しているからでしょう。仕事を「やらなくては」と思う事は自然で当たり前ですが、この思いが強すぎるとプレッシャーになり、その結果脱線行為に走ってしまいます。しかし、この脱線行為を仕事の前の仕事いう風にタスクに取り込むことによって、心理的なギャップを少なくし、自然と仕事に取り掛かる事が出来るようなります。