情報化社会だからこそ使うべきライフハック

ITエンジニアライフハック仕事術

現代人に必要なライフハック

現代人に必要なライフハック

現代人は、知りたくなくても否応なく、押し売りのように入ってくる情報、そしてありとあらゆるストレスの中を生き抜かなければなりません。そんな時代をたくましく生きるために役立つライフハックを紹介します。スマホも情報収集のみに使うのではなく、仕事の作業時間短縮のために活用しましょう。情報やタスクに埋もれてしまわないために心がけるべきは、必要のない情報を捨て、有効な情報はチーム内で共有し、やらなくてもいいタスクを把握することです。これらのライフハックをうまく取り入れることで、ストレス軽減につながるかもしれません。

スマホを使用した資料管理

通勤電車、ランチタイムの飲食店、カフェ、駅の構内など、あらゆるところでスマホをさわっている人の姿を多く見かけます。スマホゲームで楽しんでいる人もいれば、メールチェックをしている人、ニュースアプリをチェックしている人、SNSチェックをしている人など、色々な使い方をしていますが、せっかくならスマホも仕事の効率向上に活用しましょう。現代社会のビジネスマンにとってメールの管理と資料管理は、生産性がない割りに時間をさかれるという作業の代表です。そういう作業こそ、スマホでぱぱっと処理してしまいましょう。 スマホを使用した資料管理の詳細を見る

便利なものを積極的に共有しよう!

便利な情報、使える情報、役立つライフハックは、積極的にチームメンバーと共有してください。使える情報を共有することで、チーム全体の効率が上がります。さらにチームワークが生まれ、一体感が強くなります。個々に得たハックを共有することは、チームハックの基本です。自分ひとりで独占しても、何もいいことはありません。情報力で差をつけるのではなく、勝負するなら実力勝負でいきましょう。情報は惜しみなく共有することで、最終的にそのメリットは自分に帰ってきます。共有しないことのデメリットの方が大きいということに気付くでしょう。 便利なものを積極的に共有しよう!の詳細を見る

やらない仕事を決める

やることリストに埋もれて、必死になっていませんか?そのやることリスト、本当に全部やるべきことでしょうか。タスクコントロールをする上でもっとも有効なライフハックは、やることを書き連ねることではなくて、「やらないことを決めること」です。やらない仕事、やらないタスクを決めることで、やるべきことが明確になると同時に、どうしたらできるのかを真剣に考えるきっかけをつくることになります。やらないことを把握すること、やらなくていいことをやっていることに気付くことで、仕事の効率は格段に上がります。 やらない仕事を決めるの詳細を見る

ライフハック特集一覧

求人サイトでライフハック!

フリーエンジニアにとって、案件を探すこと自体が一苦労です。案件探しを飛躍的に楽にするライフハックとしておすすめのエージェントを紹介します。その手軽さからクラウドソーシングを利用しているフリーエンジニアも少なくありませんが、その報酬額の低さと手数料の高さから効率としてはあまり良くありません。一方、ここで紹介するエージェントでは長期的かつ高単価な案件の豊富さが特徴。手数料もかかることなく利用出来るので自然と報酬額が上昇します。また契約終了時には次の案件見付ける為の支援サポートも受ける事が出来るので、安定して仕事が出来て報酬が上がるのは勿論、安心感も得る事が出来ると言えるでしょう。

ライフハックとチームハックの差

しばしば「自分のアイディアが一番だ」と思い込んでしまう事がありますが、多くの場合はそれよりも良いアイディアがあります。その事に気付けるか否かが良い結果を残せるか否かに関わっています。コラボレーションなどでは相手も自分もその点を意識して気付けるかがキモになります。また、ライフハックとチームハックではベクトルが逆ですが、メリットを多く共有する事は両者にとって欠かせません。また上司が相手の場合でも心の動きを察知し行動を起こす事によって間接的にハック出来ます。まとめてしまうと「相手の話をよく聞き親切にする」という事になりますがこれこそライフハックが進化した常識と呼ばれる所以です。

タスク前のタスク

一旦取り掛かってしまえばすぐに済むような仕事でも、その時の気分や環境、または仕事そのものに問題を感じてなかなか着手出来ずに脱線してしまう、といった経験は誰でも一度はあるかと思います。これは本来の仕事と脱線行為に心理的に大きなギャップが作用しているからでしょう。仕事を「やらなくては」と思う事は自然で当たり前ですが、この思いが強すぎるとプレッシャーになり、その結果脱線行為に走ってしまいます。しかし、この脱線行為を仕事の前の仕事いう風にタスクに取り込むことによって、心理的なギャップを少なくし、自然と仕事に取り掛かる事が出来るようなります。