ライフハックを使って時間のムダをなくそう!

ITエンジニアライフハック仕事術

時間の無駄をなくすライフハック!

時間の無駄をなくすライフハック!

時は金なりというくらい現代において、時間は貴重なものです。様々なことをこなすための時間を短縮できれば効率的に仕事ができるだけでなく、人生にゆとりも生まれます。特にエンジニアは、勤務時間が長いことで有名です。時間の無駄を省きいろいろなことを効率化できれば仕事も早く片付けることができるでしょう。それによってキャリアアップや昇給もできるかもしれません。そんな時間を有効に使うためのライフハックをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

通勤時間を利用しライフハック!

ビジネスマンの通勤時間は、苦痛で意味のない時間ですが、勉強には最適な時間です。一見無駄に思える時間をいかに有効活用するかがライフハックのポイントです。新聞や雑誌を見ているだけではもったいない。毎日同じ時間を費やす通勤時間だからこそ、スキルアップなどの勉強に費やしましょう。毎日一定時間確保できるの継続できる重要な要素ですし、時間に制限があるので集中力も高まることでしょう。現代では、スマホやタブレットなど狭い車内でも勉強に適したものはたくさんあります。無料から有料まで、勉強系アプリはたくさんありますので、自分にあった教材を探してみましょう。 通勤時間を利用しライフハック!の詳細を見る

スマホを使用した資料管理

最近では、2人に1人が持っているというスマートフォン。苦手な人はなかなか使いこなせていないのではないでしょうか。決して安くはない維持費を払って持っているのですから、もっと活用しましょう。特に、ビジネスマンは必須アイテムですから、「よくわからなくて・・」なんて言ってられません。現代のビジネスシーンにおいてメールは重要な連絡手段です。スマホになってからメールの送受信だけでなく、添付ファイルが閲覧できたり、ますます便利になっています。スマホを使って効率的にメール処理ができるようになるだけで、仕事の効率は劇的に改善されます。 スマホを使用した資料管理の詳細を見る

求人サイトでライフハック!

フリーランスで働いている人の中には、思うように案件が見つからず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんなときに役に立つライフハックとしてクラウドソーシングを活用するのをオススメします。好条件の案件を素早く見つけることができれば収入もアップできますから、使わない手はありません。クラウドソーシングでは、自分ができる仕事を登録しておけばエージェントが仲介をしてくれるところも多いですし、案件の条件を絞って検索することもでき、案件探しの時間短縮になります。これは、副業を始めようとする人にも最適な方法です。 求人サイトでライフハック!の詳細を見る

ライフハック特集一覧

求人サイトでライフハック!

フリーエンジニアにとって、案件を探すこと自体が一苦労です。案件探しを飛躍的に楽にするライフハックとしておすすめのエージェントを紹介します。その手軽さからクラウドソーシングを利用しているフリーエンジニアも少なくありませんが、その報酬額の低さと手数料の高さから効率としてはあまり良くありません。一方、ここで紹介するエージェントでは長期的かつ高単価な案件の豊富さが特徴。手数料もかかることなく利用出来るので自然と報酬額が上昇します。また契約終了時には次の案件見付ける為の支援サポートも受ける事が出来るので、安定して仕事が出来て報酬が上がるのは勿論、安心感も得る事が出来ると言えるでしょう。

ライフハックとチームハックの差

しばしば「自分のアイディアが一番だ」と思い込んでしまう事がありますが、多くの場合はそれよりも良いアイディアがあります。その事に気付けるか否かが良い結果を残せるか否かに関わっています。コラボレーションなどでは相手も自分もその点を意識して気付けるかがキモになります。また、ライフハックとチームハックではベクトルが逆ですが、メリットを多く共有する事は両者にとって欠かせません。また上司が相手の場合でも心の動きを察知し行動を起こす事によって間接的にハック出来ます。まとめてしまうと「相手の話をよく聞き親切にする」という事になりますがこれこそライフハックが進化した常識と呼ばれる所以です。

タスク前のタスク

一旦取り掛かってしまえばすぐに済むような仕事でも、その時の気分や環境、または仕事そのものに問題を感じてなかなか着手出来ずに脱線してしまう、といった経験は誰でも一度はあるかと思います。これは本来の仕事と脱線行為に心理的に大きなギャップが作用しているからでしょう。仕事を「やらなくては」と思う事は自然で当たり前ですが、この思いが強すぎるとプレッシャーになり、その結果脱線行為に走ってしまいます。しかし、この脱線行為を仕事の前の仕事いう風にタスクに取り込むことによって、心理的なギャップを少なくし、自然と仕事に取り掛かる事が出来るようなります。