無駄な通勤時間を有効活用するライフハックとは

ITエンジニアライフハック仕事術

通勤時間を利用しライフハック!

通勤時間を利用しライフハック!

通勤時間こそ勉強に最適のシチュエーション
ビジネスマンにとってライフハックのポイントは、時間の使い方です。すべての人に平等に与えられているものが「時間」です。1日24時間。その時間を何にどう割り振るかで仕事の効率は格段にアップします。1日の時間の中でも、毎日必ず一定の時間をとられるのが、「通勤のための時間」です。通勤時間を通勤のためだけに費やしていませんか?

Pocket

通勤時間ならではの特徴を生かす

通勤時間、どうしていますか?小説やビジネス本など、読書時間にあてる人。スマホのニュースアプリで最新ニュースをチェックする人。FacebookやTwitterなどSNSチェックをしている人。新聞を読む人。寝る人。など、皆何かしらの行動をして、その手持ち無沙汰な時間を埋めています。そう、通勤時間は、手持ちぶさたな時間なのです。でも、その手持ち無沙汰を埋めるための行動は、時間の有効活用とはいえませんよね。通勤時間には、いくつかの特徴があります。まず、基本的に同じ長さの時間が1日に2回あることです。片道30分かかる人なら、毎日30分が2セット。合計60分です。もうひとつの特徴は、できることが限られることです。満員電車での通勤なら、人ごみの中に立っていることしかできません。これらの特徴を最大限活用する使い道と言えば、「勉強」です。

なぜ勉強が通勤時間に向いているのか?

どんな勉強であっても、一定時間を毎日継続することが習得への近道です。単発的に長時間を費やすよりも、少しずつでも間をあけずに毎日コツコツ続けることが大切なのです。通勤時間は勉強時間と決めることで、着実に学習を進められるという理屈です。かつ、前述したとおり、通勤時間は人によって必ず「一定の時間」が決められているため、時間制限があることによって集中力も高まります。さらに、自宅などでの勉強と違い、通勤中は「できることが限られる」ため、集中力散漫な人も否応なく勉強せざるを得なくなるというメリットがあります。

満員電車で勉強する方法

とは言え、座って通勤できる人ならまだしも、満員電車でぎゅうぎゅう詰めで身動きとれません。という人は、耳から聞く学習ツールを手に入れましょう。スマホやタブレットにダウンロードして聴けるオーディオブックを活用すれば、身動きできない満員電車の中でも勉強することができます。オーディオブックを活用した耳からの学習に最適なものと言えば、やはり語学系です。エンジニアを含めあらゆる業種のビジネスにおいて英語力は武器となりえます。わざわざ自宅で勉強する気にはならなかった英語の勉強も、どうせ暇な通勤時間なら費やしてみてもいいような気がしてきませんか?

ライフハック特集一覧

求人サイトでライフハック!

フリーエンジニアにとって、案件を探すこと自体が一苦労です。案件探しを飛躍的に楽にするライフハックとしておすすめのエージェントを紹介します。その手軽さからクラウドソーシングを利用しているフリーエンジニアも少なくありませんが、その報酬額の低さと手数料の高さから効率としてはあまり良くありません。一方、ここで紹介するエージェントでは長期的かつ高単価な案件の豊富さが特徴。手数料もかかることなく利用出来るので自然と報酬額が上昇します。また契約終了時には次の案件見付ける為の支援サポートも受ける事が出来るので、安定して仕事が出来て報酬が上がるのは勿論、安心感も得る事が出来ると言えるでしょう。

ライフハックとチームハックの差

しばしば「自分のアイディアが一番だ」と思い込んでしまう事がありますが、多くの場合はそれよりも良いアイディアがあります。その事に気付けるか否かが良い結果を残せるか否かに関わっています。コラボレーションなどでは相手も自分もその点を意識して気付けるかがキモになります。また、ライフハックとチームハックではベクトルが逆ですが、メリットを多く共有する事は両者にとって欠かせません。また上司が相手の場合でも心の動きを察知し行動を起こす事によって間接的にハック出来ます。まとめてしまうと「相手の話をよく聞き親切にする」という事になりますがこれこそライフハックが進化した常識と呼ばれる所以です。

タスク前のタスク

一旦取り掛かってしまえばすぐに済むような仕事でも、その時の気分や環境、または仕事そのものに問題を感じてなかなか着手出来ずに脱線してしまう、といった経験は誰でも一度はあるかと思います。これは本来の仕事と脱線行為に心理的に大きなギャップが作用しているからでしょう。仕事を「やらなくては」と思う事は自然で当たり前ですが、この思いが強すぎるとプレッシャーになり、その結果脱線行為に走ってしまいます。しかし、この脱線行為を仕事の前の仕事いう風にタスクに取り込むことによって、心理的なギャップを少なくし、自然と仕事に取り掛かる事が出来るようなります。