削れるものは削る!究極のライフハック

ITエンジニアライフハック仕事術

より極端なライフハックを目指す!

より極端なライフハックを目指す!

効率をあげるために使えるツールを見つけたり、時間短縮法を試すなど、足し算のライフハックを重ねるだけでは生産性向上の極限にはたどり着けません。効率アップの最大のライフハックは、引き算のライフハック、つまり、余計なものや無駄なものを徹底して排除することです。日々、習慣的に何気なくやっている作業の中にも、よく考えたら必要のないタスクが埋もれているかもしれません。もしくは、当然必要だと思い込んでいるタスクが、実は不要かもしれません。そんな「無駄」を見つけだしてとことん削ぎ落とすことが、究極のライフハックです。

タスク前のタスク

効率的に仕事をこなすために、タスクを管理することはビジネスマンとしては常識です。しかし、どれだけきちんと整理していてもいざ取り掛かることができないといった人も少なくないのではないでしょうか。今やらなければならないことはわかっているのに、ついデスク周りの掃除を始めてしまったりと後になって「今やることじゃない!」と自分にツッコミを入れてしまうこともしばしば……。そんなときに使えるライフハックをご紹介します。ダラダラといつまでもタスクに手を付けられないでいるなら、ぜひこの記事を読んで辛い状況を乗り切ってください。 タスク前のタスクの詳細を見る

やらない仕事を決める

やらなければならない仕事をリストアップして、次々とこなしていく。できるビジネスマンを絵に描いたような風景ですが、現実にはそこまで強い精神力を持った人はなかなかいないことでしょう。仕事を整理してリスト化するまでは多くの人が難なくこなせるでしょうが、確実に効率良く消化していくのは至難の業です。そこでおすすめするのが、「やらない仕事を決める」ライフハックです。タスクを整理する方法を少し変えてみるだけで、今よりも消化するスピードあがることでしょう。自分は仕事ができないと悩んでいる人にはぜひ読んでもらいたいライフハックです。 やらない仕事を決めるの詳細を見る

”何もしない”という仕事を作る

仕事には必ず納期があります。正確にスケジュールを立てて予定通りに作業を進めることは社会人だけでなく、学生のときから身につけておきたい「デキる人」になるための大切な条件です。ここで紹介するライフハックは、そんなスケジューリングに関することですが、「いつもスケジュール通りに事が進まない」と悩んでいる人に読んでもらいたい内容です。スケジュール通りに仕事をこなすためには作業時間の見積もり精度を高めるだけでは不十分なのです。このライフハックを使えば予定通り仕事が進むだけでなく、余裕も生まれ、日々のストレスから開放されることもあるでしょう。 ”何もしない”という仕事を作るの詳細を見る

タスク・ダイエット・ライフハック

仕事を効率的に進めたり、限りある時間を有効に使うために役に立つライフハックですが、何でもかんでも導入すれば良いというわけではありません。特に新しもの好きな人は注意が必要です。新しいライフハックを見つけてはそれを活用するために時間を使い、効果を得る前にまた新しいライフハックを見つけて時間を使う。この繰り返しでは結果として何も効率化されず手間も減っていません。そんな本末転倒な状態にならないためにも、ライフハックの絞り込みや乱用を防ぐための方法についてご説明します。まず最初にライフハックを導入する目的をハッキリさせましょう。 タスク・ダイエット・ライフハックの詳細を見る

ライフハック特集一覧

求人サイトでライフハック!

フリーエンジニアにとって、案件を探すこと自体が一苦労です。案件探しを飛躍的に楽にするライフハックとしておすすめのエージェントを紹介します。その手軽さからクラウドソーシングを利用しているフリーエンジニアも少なくありませんが、その報酬額の低さと手数料の高さから効率としてはあまり良くありません。一方、ここで紹介するエージェントでは長期的かつ高単価な案件の豊富さが特徴。手数料もかかることなく利用出来るので自然と報酬額が上昇します。また契約終了時には次の案件見付ける為の支援サポートも受ける事が出来るので、安定して仕事が出来て報酬が上がるのは勿論、安心感も得る事が出来ると言えるでしょう。

ライフハックとチームハックの差

しばしば「自分のアイディアが一番だ」と思い込んでしまう事がありますが、多くの場合はそれよりも良いアイディアがあります。その事に気付けるか否かが良い結果を残せるか否かに関わっています。コラボレーションなどでは相手も自分もその点を意識して気付けるかがキモになります。また、ライフハックとチームハックではベクトルが逆ですが、メリットを多く共有する事は両者にとって欠かせません。また上司が相手の場合でも心の動きを察知し行動を起こす事によって間接的にハック出来ます。まとめてしまうと「相手の話をよく聞き親切にする」という事になりますがこれこそライフハックが進化した常識と呼ばれる所以です。

タスク前のタスク

一旦取り掛かってしまえばすぐに済むような仕事でも、その時の気分や環境、または仕事そのものに問題を感じてなかなか着手出来ずに脱線してしまう、といった経験は誰でも一度はあるかと思います。これは本来の仕事と脱線行為に心理的に大きなギャップが作用しているからでしょう。仕事を「やらなくては」と思う事は自然で当たり前ですが、この思いが強すぎるとプレッシャーになり、その結果脱線行為に走ってしまいます。しかし、この脱線行為を仕事の前の仕事いう風にタスクに取り込むことによって、心理的なギャップを少なくし、自然と仕事に取り掛かる事が出来るようなります。