ライフハックだけでなく、チームハックで人間関係を良好に!

ITエンジニアライフハック仕事術

人間関係をハック!チームハックとは

人間関係をハック!チームハックとは

仕事の成果とは、必ず何らかの人間関係を通った上でうまれるものです。自分ひとりだけで成果につながる仕事はまず無いと断言しても良いでしょう。つくる人がいて、売る人がいて、買う人がいて、使う人がいて、はじめて「仕事」が循環します。円滑な人間関係を構築して良好な関係を維持することは、仕事を順調に進めるために必要不可欠なスキルです。人間関係に悩む人が多いのは、人が生きる上で避けて通ることができないものだからです。人間関係を攻略するライフハック、チーム内の円滑な関係を築きチームで成果を上げるチームハックを紹介します。

人と接するときに緊張してしまう人へ

ほとんどのエンジニアは、人間関係を築くのが苦手ではないでしょうか。人と話すことに苦手意識があり、すぐに緊張してしまうなどと言った悩みはよく耳にします。エンジニアであってもキャリアアップを目指したりフリーランスになろうという人は、こうしたコミュニケーション能力も磨いていかなければなりません。そこで、おすすめするライフハックをご紹介します。人前で上手く話せないほとんどの原因は精神的なものです。ちょっとした気持の持ちようで、ずいぶん楽にコミュニケーションが取れるようになります。是非、チャレンジしてみてください。 人と接するときに緊張してしまう人への詳細を見る

文系のエンジニアへ!理系の行動パターンを理解しよう

エンジニアの大半は、理系人間ですが、最近では文系のエンジニアも増えています。また、営業や事務などは文系の人がほとんどで、エンジニアに何か頼んだりちょっと話をするだけでも苦手意識を持つ人も少なくないでしょう。まず、文系の人にお伝えしたいのは、「理系人間の特徴として、悪気はない」ということです。理系の人の特徴を把握しておけば、スムーズにコミュニケーションがとれるようになるでしょう。技術系の企業などの理系社会に身を置く文系人間には、ぜひ読んでもらいたいチームハックです。これを読んで理系人間を攻略してください。 文系のエンジニアへ!理系の行動パターンを理解しようの詳細を見る

便利なものを積極的に共有しよう!

人間関係は、仕事をする上で重要なのは言うまでもありません。それは、サラリーマンとして会社で働いている人はもちろんのこと、フリーランスとして働いていても同様です。しかし、重要なことでありながらもうまくいかないのも事実です。そんなときは、チームハックを使って良好な人間関係を築きましょう。まず大切なことは、個々が持っているスキルやテクニックをチーム全員で共有できるようにすることです。また、情報を共有することも大切なことです。いろいろなことを皆で共有できる雰囲気が整えばやがて相乗効果が生まれ、仕事の効率も向上するでしょう。 便利なものを積極的に共有しよう!の詳細を見る

ライフハックとチームハックの差

ひと通りハックに関することを解説してきましたが、ここで「ライフハック」と「チームハック」の違いについて触れてみたいと思います。実は、この二つは相反するもので、チームハックは、チームのためになることを、個人も実行し、チームもチームのために実行するもので、ライフハックは、個人が個人のために実行するものです。使い分けのポイントを抑えておくことで、二つを効率的に活用することができるでしょう。また、チーム全体がこの使い分けを身につけることでさらに効率的にチームが機能することにもつながるのです。考え方の違いをしっかり把握しておきましょう。 ライフハックとチームハックの差の詳細を見る

ライフハック特集一覧

求人サイトでライフハック!

フリーエンジニアにとって、案件を探すこと自体が一苦労です。案件探しを飛躍的に楽にするライフハックとしておすすめのエージェントを紹介します。その手軽さからクラウドソーシングを利用しているフリーエンジニアも少なくありませんが、その報酬額の低さと手数料の高さから効率としてはあまり良くありません。一方、ここで紹介するエージェントでは長期的かつ高単価な案件の豊富さが特徴。手数料もかかることなく利用出来るので自然と報酬額が上昇します。また契約終了時には次の案件見付ける為の支援サポートも受ける事が出来るので、安定して仕事が出来て報酬が上がるのは勿論、安心感も得る事が出来ると言えるでしょう。

ライフハックとチームハックの差

しばしば「自分のアイディアが一番だ」と思い込んでしまう事がありますが、多くの場合はそれよりも良いアイディアがあります。その事に気付けるか否かが良い結果を残せるか否かに関わっています。コラボレーションなどでは相手も自分もその点を意識して気付けるかがキモになります。また、ライフハックとチームハックではベクトルが逆ですが、メリットを多く共有する事は両者にとって欠かせません。また上司が相手の場合でも心の動きを察知し行動を起こす事によって間接的にハック出来ます。まとめてしまうと「相手の話をよく聞き親切にする」という事になりますがこれこそライフハックが進化した常識と呼ばれる所以です。

タスク前のタスク

一旦取り掛かってしまえばすぐに済むような仕事でも、その時の気分や環境、または仕事そのものに問題を感じてなかなか着手出来ずに脱線してしまう、といった経験は誰でも一度はあるかと思います。これは本来の仕事と脱線行為に心理的に大きなギャップが作用しているからでしょう。仕事を「やらなくては」と思う事は自然で当たり前ですが、この思いが強すぎるとプレッシャーになり、その結果脱線行為に走ってしまいます。しかし、この脱線行為を仕事の前の仕事いう風にタスクに取り込むことによって、心理的なギャップを少なくし、自然と仕事に取り掛かる事が出来るようなります。