いろいろなものを共有して効率的にライフハック

ITエンジニアライフハック仕事術

便利なものを積極的に共有しよう!

便利なものを積極的に共有しよう!

共有こそ、最高のチームハック
仕事を効率的に上手くこなしていく上で、大切なことは人間関係です。それはチームの一員でもリーダーでも変わりはありません。仕事においてストレスを感じる要因はやはりこの人間関係の悪さです。しかし、人間関係は複雑であり人それぞれ違うため非常に難しい問題です。これをやれば必ず関係が良くなるというものはありません。ただ、チームハックする上で重要な法則というものも存在します。今回は、繰り返し登場されているこの法則について紹介します。

Pocket

惜しみなく与える

第一に大切なことは自分の持っている技術や能力の中で、他の人にも活かせるものは共有するということです。自分の持っているアイディアをチームで共有することで相乗効果が生まれ、更に良いものへと仕上がります。意見や価値観を共有して案を出し合うことで、不要なテクニックや間違った情報はなくなっていきます。そのため、完成されたものは自分1人で考えたものよりもはるかにレベルアップしているはずです。また、自分と同じ考えを持つ人を作ることで、仕事を任せたり意見交換したり出来るようになり互いの能力も連携も高まります。自分で思いついたが上手く実践できないアイディアも、もったいぶらずに積極的に人に頼ることで、チーム全体の質が高まるようになります。

コミュニケーションは上手くいかないを前提に

人とのコミュニケーションを図ることは想像以上に難しいです。そしてそれは自分が思っている以上に上手くはいかないものなのです。コミュニケーション図ることに失敗したということを前提としたハックも数多くあるのでそれを上手く利用していくことも必要です。例えば、意図が伝わりにくい内容はあらかじめメール等で文章化して自分も後から見直せる状態にする、自分が積極的に話すよりも聞き役に徹して相手の意見を考える時間を増やすなどやり方は様々です。ライフハック的な視点で分析することで、相手の考えていることや意図が伝わりやすくなり、ダブルチェックも可能となります。それによって話し合い全体の質も高まり、より良い案の作成にも繋がるはずです。

手間をかけることを怠らない

仕事を上手く続けていくためには、情報、価値観の共有やコミュニケーションを図ることを決して怠ってはなりません。これらの意見交換に伴う誤解や、コミュニケーション不全による失敗などは致命的なミスにもなり得るため、信頼や結果を取り戻すためには相当な時間を要してしまいます。このことを考えると、人間関係を築くための行動は無駄ではなく、大きな手間でもありません。常に報告・連絡・相談を大切にして、そしてチームの仲間とともに協力するということを意識することが重要です。自分と仲間が持っているそれぞれの価値を認識し合うことで完成度は高まります。あいさつをしたり食事を一緒にしたりと、日常生活の些細な行動でも人間関係は深まるはずです。これらの行為を無駄だとは思わないで実行していくことが大切となります。
もっとハックを知りたい人は、次のサイトを見てみると参考になるでしょう。
>アシタノレシピ
http://www.ashi-tano.jp/

ライフハック特集一覧

求人サイトでライフハック!

フリーエンジニアにとって、案件を探すこと自体が一苦労です。案件探しを飛躍的に楽にするライフハックとしておすすめのエージェントを紹介します。その手軽さからクラウドソーシングを利用しているフリーエンジニアも少なくありませんが、その報酬額の低さと手数料の高さから効率としてはあまり良くありません。一方、ここで紹介するエージェントでは長期的かつ高単価な案件の豊富さが特徴。手数料もかかることなく利用出来るので自然と報酬額が上昇します。また契約終了時には次の案件見付ける為の支援サポートも受ける事が出来るので、安定して仕事が出来て報酬が上がるのは勿論、安心感も得る事が出来ると言えるでしょう。

ライフハックとチームハックの差

しばしば「自分のアイディアが一番だ」と思い込んでしまう事がありますが、多くの場合はそれよりも良いアイディアがあります。その事に気付けるか否かが良い結果を残せるか否かに関わっています。コラボレーションなどでは相手も自分もその点を意識して気付けるかがキモになります。また、ライフハックとチームハックではベクトルが逆ですが、メリットを多く共有する事は両者にとって欠かせません。また上司が相手の場合でも心の動きを察知し行動を起こす事によって間接的にハック出来ます。まとめてしまうと「相手の話をよく聞き親切にする」という事になりますがこれこそライフハックが進化した常識と呼ばれる所以です。

タスク前のタスク

一旦取り掛かってしまえばすぐに済むような仕事でも、その時の気分や環境、または仕事そのものに問題を感じてなかなか着手出来ずに脱線してしまう、といった経験は誰でも一度はあるかと思います。これは本来の仕事と脱線行為に心理的に大きなギャップが作用しているからでしょう。仕事を「やらなくては」と思う事は自然で当たり前ですが、この思いが強すぎるとプレッシャーになり、その結果脱線行為に走ってしまいます。しかし、この脱線行為を仕事の前の仕事いう風にタスクに取り込むことによって、心理的なギャップを少なくし、自然と仕事に取り掛かる事が出来るようなります。