仕事を円滑に!人間関係構築のライフハック

ITエンジニアライフハック仕事術

人と接するときに緊張してしまう人へ

人と接するときに緊張してしまう人へ

緊張を回避するコツをおさえよう
もっと人脈を広げたい、人間関係を構築したいという気持ちはあっても、なぜか人前に出ると緊張していつもの自分を出せない。必要以上に汗をかいたり、顔が赤面したり、声が上ずったりして恥ずかしい。そんな悩みを抱えるエンジニアの方に、リラックスするためのライフハックを紹介します。

Pocket

リラックスしようと思わない!

良い意味での緊張感はスパイスとして有効ですが、基本的に人間は緊張しているときほど失敗するものです。わかってはいても、緊張してしまうと自分をコントロールできなくなるのが普通です。かと言って、「緊張しないようにしよう、リラックスしよう」と思えば思うほど、緊張度が増して、パニックになっていきます。なぜなら、「リラックスしよう」と思うということは、緊張している自分を認めていることに他ならないからです。「緊張している、緊張している」と思い続けることでより緊張感が増してしまうのです。緊張しそうなときや、緊張していると感じたときは、あえてリラックスしようと思うのではなく、緊張をほぐすコツをおさえてそのことに集中することで、この悪循環を回避することができます。

体と心はつながっている!

緊張は、心理的なストレスに脳が反応してアドレナリンが出ることで、顔が赤くなったり汗が出るなど身体的な反応としてあらわれるものです。心の緊張をほぐすには、体の緊張からほぐしてやることがポイントです。体の緊張をほぐす方法として、「深呼吸をする」、「顔の筋肉をゆるめる」、「ゆっくり話す」という方法があります。緊張しているときは、無意識に呼吸が浅くなり、息苦しくなり、早口になります。緊張しているな、と感じたら、まずは深くゆったりとした呼吸をしてください。そして、意識的にゆっくり話すようにします。体をリラックスさせることで、脳が落ち着き、徐々に緊張感がうすれていくのが実感できるはずです。

それでもダメなら、開き直ろう!

深呼吸しても、ゆっくり話しても、いつまでも緊張がおさまらないときは、開き直ります。大切なのはその開き直り方。「緊張してるわけじゃない、興奮しているんだ」と思ってみてください。緊張の要素は不安です。不安から来る高揚感を、興奮に置き換えるのです。これは自分に言い聞かせるしかありませんが、ぜひ実践してみてください。「緊張してきた・・・どうしよう・・・緊張でドキドキする・・」ではなく、「このドキドキは興奮だ。ワクワクして期待感で興奮がとまらないぜっ!」と、思い込むのです。興奮は集中力を高める効果があります。緊張以上のポテンシャルを発揮できます。興奮しやすい自分を好きになってあげてください。ずいぶん楽に生きられるようになります。

ライフハック特集一覧

求人サイトでライフハック!

フリーエンジニアにとって、案件を探すこと自体が一苦労です。案件探しを飛躍的に楽にするライフハックとしておすすめのエージェントを紹介します。その手軽さからクラウドソーシングを利用しているフリーエンジニアも少なくありませんが、その報酬額の低さと手数料の高さから効率としてはあまり良くありません。一方、ここで紹介するエージェントでは長期的かつ高単価な案件の豊富さが特徴。手数料もかかることなく利用出来るので自然と報酬額が上昇します。また契約終了時には次の案件見付ける為の支援サポートも受ける事が出来るので、安定して仕事が出来て報酬が上がるのは勿論、安心感も得る事が出来ると言えるでしょう。

ライフハックとチームハックの差

しばしば「自分のアイディアが一番だ」と思い込んでしまう事がありますが、多くの場合はそれよりも良いアイディアがあります。その事に気付けるか否かが良い結果を残せるか否かに関わっています。コラボレーションなどでは相手も自分もその点を意識して気付けるかがキモになります。また、ライフハックとチームハックではベクトルが逆ですが、メリットを多く共有する事は両者にとって欠かせません。また上司が相手の場合でも心の動きを察知し行動を起こす事によって間接的にハック出来ます。まとめてしまうと「相手の話をよく聞き親切にする」という事になりますがこれこそライフハックが進化した常識と呼ばれる所以です。

タスク前のタスク

一旦取り掛かってしまえばすぐに済むような仕事でも、その時の気分や環境、または仕事そのものに問題を感じてなかなか着手出来ずに脱線してしまう、といった経験は誰でも一度はあるかと思います。これは本来の仕事と脱線行為に心理的に大きなギャップが作用しているからでしょう。仕事を「やらなくては」と思う事は自然で当たり前ですが、この思いが強すぎるとプレッシャーになり、その結果脱線行為に走ってしまいます。しかし、この脱線行為を仕事の前の仕事いう風にタスクに取り込むことによって、心理的なギャップを少なくし、自然と仕事に取り掛かる事が出来るようなります。